世界中からセレクトした雑貨とおもちゃのお店。【5,000円以上で送料無料】

イタリアのイケメンパパのライフスタイル。第一話

イタリアのイケメンパパのライフスタイル。第一話

今回は、私達が10年以上もお取引をしている、イタリアの昆虫・自然観察アイテムを作る人気メーカーNAVIRから、Walterさんが彼の家族のライフスタイルや、イタリアのグルメ・歴史を紹介してくれました。

 Mr.Walter and family

ドラマに出てきそうな素敵な家族は、奥様のアンナさん、長男のオリビエーロ君、次男のジュリオ君とウォルターさんの4人家族。

本当にカッコいいファミリーですね。

 

イタリア人の多くは、朝起きるとショートコーヒー(エスプレッソ)を飲むことが多いのですが、彼はロングコーヒーにミルクを入れたものを毎朝飲むそうです。

ちなみにロングコーヒーとは、エスプレッソにお湯を加えて少し薄めたもので、エスプレッソダブルより若干少なめの量とのこと。

イタリアではランチの時間は12~14時が一般的ですが、ウォルターさんはランチは食べないそうです。お腹空かないのでしょうか?

そしてディナーは21時くらい(南部だと22時くらい)が一般的な時間だそうですが、かなり遅い時間なのですね。

 

インテリアにはあまりこだわっていないというウォルターさんですが、リビングもセンスが良くてとっても素敵です。

家で過ごす時間は、このリビングで家族とテレビを見て過ごすことが多いそうです。

週末になると、ミラノ郊外にあるLago Maggioreという湖に出かけてボートに乗ったり、スキーに出かけることが好きなご家族です。

ちなみにベッドルームも素敵です。

お部屋の壁にはAMORE(日本語で「愛」)のサインが。

 

ウォルターさんは緑茶もとても好きで、冷蔵庫には冷たい緑茶を常備しているとのこと。

とても暑い時期になると、緑茶にほんの少し日本酒を入れて飲むという不思議な飲み方をしているそうです。

これを聞いて心配になった(?)弊社のREIJU氏が、日本では緑茶ハイが一般的だよと教えてあげたところ、好奇心旺盛なウォルターさん、早速ネットで「天使の誘惑」という焼酎を見つけて買ってみたそうです。(緑茶ハイ、気に入ってもらえたのでしょうか?)

 

そんなウォルターさんは、ミラノにはスーパーがたくさんあるものの、MERCATO RIONALEという地元の市場で買い物をするのが好きで、何枚か写真を送ってくれました。

 迫力満点のお肉屋さん。店員さんもポーズを決めてくれています。

 

 日本ではなかなか見ることのできない特大チーズが並ぶチーズショップ。

 

新鮮な野菜・フルーツ、肉、魚まで何でも揃う地元の市場なんて、とても羨ましいです。

 

そんなイタリアでのライフスタイルの一端を見せてくれたウォルターさんが働いているのが、最初にも触れたNAVIRというメーカーです。

Navir office

NAVIRは、イタリア・ミラノ南部のブッチナスコにある、家族経営の会社です。

1968年にウォルターさんのお祖父様であるNatali Virginio氏によって設立された会社で、NAVIRという社名は、姓Nataliの最初の2文字「NA」と、名前Virginioの最初の3文字から来ています。

一番最初に作った製品は、アメリカの海兵隊が第2次世界大戦中に使用していた双眼鏡のレプリカでした。

その年に、お父さんのAngeloさんが入社し、現在は3代目になる社長になっています。

 

私達は彼らが作ったアイテムを輸入して、日本の市場に販売していますが、彼らの製品はイタリア製で、とにかく壊れづらくて不良品が無い事にいつも驚かされています。

今後も彼らの素晴らしい製品を、日本の皆さんにご紹介していきたいと思っています。

 

今回ウォルターさんは、イタリアの歴史や地理、お料理についても色々と情報提供してくれているので、その辺りは次回の第二話でご紹介させて頂きます。