世界中からセレクトした雑貨とおもちゃのお店。

オランダ人が大好きなお菓子のレシピとライフスタイル。

オランダ人が大好きなお菓子のレシピとライフスタイル。

二人のかわいい男の子のお母さんJosefineに、オランダの暮らしについてお聞きしました。

私はオランダのEsschert Designという会社で働いています。

ガーデニング、園芸を楽しむための様々なアイテムの開発・販売をする会社で、今では世界の65カ国以上のショップでアイテムが販売されています。

 

「オランダの伝統」

オランダについて皆さんはどんなイメージを持っているでしょうか?

多くの人は、伝統的な「木靴」と「チューリップ」と答えますよね?

でも実際は、ほとんどのオランダ人は木靴は履いていませんし、チューリップはオランダ原産の植物ではないのです。

オランダの伝統で一番最初に思いつくのは、Sinterklaas(シンタクラース)です。

シンタクラースとは聖ニコラウスのことで、オランダの子供たちにとって、とっても重要な存在です。

シンタクラースは、毎年11月の中頃になると、たくさんの従者と一緒に、プレゼントをたくさん積んだ船でオランダにやって来ます。

オランダの子供たちは、シンタクラースの日である12月5日までの毎晩、靴を暖炉の前に置いて、ニンジンや干し草を馬に食べさせ、歌を歌いながらシンタクラースが来るのを待つという伝統の行事です。

いよいよ12月5日になると、シンタクラースは彼が住んでいるスペインに帰る前に、子供たちにプレゼントを届けてまわります。これを私達は「Sinterklass Evening」と呼びます。

Saint Nicolas

 

「普段のオランダでの暮らし」

多くのオランダ人は、大人になると、両親の元から離れて暮らすことが多いので、休日になると家族や友人を訪ねて、一緒に過ごすことが好きです。

また、オランダ人はとにかく外に出るのが大好きなので、アウトドアで自然を楽しんだり、遊園地や映画館、劇場や友達との外食など頻繁に外に出て過ごします。

 

「私たちが大好きなお菓子」

私たちは普段から、家で色々な料理をすることを楽しみます。

たとえば、生ニシンの玉ねぎ添え、ストロープワッフル、リコリスという天草とニンジンジュースで作ったドロップ、マッシュポテトとニンジン、エンダイブ、ケールとお肉を使って作るシチューなど。

その中でも特に私たちオランダ人が大好きなお菓子が、「Oliebollen(オリーボーレン)」というドーナッツの一種で、特に大晦日や年末になると、必ず食べるお菓子です。

●材料

・ドライイースト 14g

・グラニュー糖 55g

・中力粉 450g

・塩 少々

・牛乳 250ml

・溶き卵 2個分

・スグリ 100g

・レーズン 85g

・青りんご(刻んだもの) 1個分

・植物油(揚げ油)

・粉砂糖

 

●作り方

1)ドライイースト、グラニュー糖、125mlのぬるま湯をボールに入れ、かき混ぜて溶かします。そして10分間、混合物が泡立つまで放置します。(A)

2)大きなボウルに中力粉と塩を入れ、中央に穴を作ります。牛乳、溶き卵、(A)を穴に注ぎ、よくかき混ぜます。スグリ、レーズン、青りんごを加え、よく混ぜます。ラップで覆い、暖かく風がない場所に1時間、または生地が2倍になるまで置いておきます。

3)大き目の鍋に1/3の量の油を入れ、中火で160℃に加熱します。2つのスプーンを利用して、6cm程度のボールを作り、ゆっくり油に入れて揚げます。途中でひっくり返したりしながら、キツネ色になるまで、5分程度揚げます。

4)揚がったら取り出し、ペーパータオルで油を取り、粉砂糖をたっぷりまぶして完成です。